交通事故

Accident

交通事故の治療そのままにしていませんか?痛みや気持ち悪さを我慢してませんか?

突然の事故にあわれた時は、気持ちが動揺してしまい、色々なことに手がつかなくなるのも仕方がないことです。
しかし、あなたの体は、この世にひとつしかない宝物だという事を忘れないで下さい。
事故の直後は軽い興奮状態にあり、痛みや不快感に鈍感になっている時もあります。
一時的に痛みがやわらいだとはいえ、暫くして再発する場合も多く見受けられます。
車やバイクの力は、すごいもので、日常の怪我とは全く違った、思いもよらない衝撃が 体に蓄積されていることがあります。
それらは、事故当時が軽度に感じられても、日々の生活の疲労と相まって、強い障害と なってあらわれる場合があります。
例えば、よく聞かれる「むちうち症」ひとつとってみても、対応が遅れると負傷した場所の痛みだけではなく、 めまい、吐き気といった、不定症訴と言われる様々な症状があらわれることもあります。
そういった後遺症の悪化を防ぐ為、治癒を早める為には、受傷後すぐの治療が重要になって きます。 事故にあわれた方、過去にあわれた方も「このぐらいは、まぁいいか…」ではなく、少しでも違和感のある方は、早め早めの治療をおすすめします。

でも、分からないことばかりじゃありませんか?

どのくらい治療すればいいのかも分からなければ、どれだけお金がかかるかも分からない。事故の手続きもどうすればいいのか分からない。確かに、これでは迷ってしまいますね。その御心配もごもっとも。 でも、大丈夫。加害者がいる事故なら、ほとんどの場合で相手の自賠責保険が慰謝料として使えます。壁にぶつかったといった相手がいない事故の場合でも、ほとんどの場合、車の購入時に保険加入しているので、自分の保険で治療費は賄えます。 保険の手続きだって、思っているほどは面倒くさくありません。